チェリスト黄原亮司のチェロの響き Salut d'Amour

TOP profile ディクコグラフィー 響アカデミー メールフォーム リンク

Profile

黄原亮司 プロフィール 黄原 亮司 (こうはら りょうじ)

上海音楽院卒業。
(財)辻アジア国際奨学財団の奨学生となり、1992年 東京芸術大学大学院修士課程修了。
曲 精一、故堀江 泰氏、三木 敬之の各氏に師事。

1994年 JT音楽賞を受賞し、1995年 アフィニス文化財団の海外研究員として渡米。ヒューストン大学、ジュリアード音楽院に留学し、ラズロ・バルガ氏に師事。帰国後、東京、京都、福岡、沖縄など各地で、リサイタルを開催し好評を得る。
2002年 文化庁の後援を受け、北京にてリサイタル、国立中国音楽院マスタークラスの公開レッスンを開催。
2008年 北京国際音楽祭にて、コントラバス奏者の永島 義男氏と共演。また中国音楽院にてマスタークラスの公開レッスンを開催。
2010年5月 上海万博にて上海交響楽団と共演、9月上海万博日本館にてコンサートを行う。

第2回 日中国際音楽コンクール管弦楽部門 第2位。
現在 東京交響楽団チェロ・フォアシュピ―ラ―奏者、国立中国音楽院客員教授。ソロ、室内楽、CMなど国内外で積極的な演奏活動を行う。
今までに7枚のCD、 ドレミ楽譜出版よりDVD「チェロ超入門」、教則本「チェロ初歩の初歩入門」をリリース。後進の指導にも力を入れている。